お電話でのご注文・お問い合わせは

0120-611-812

メールからのお問い合わせは

お問い合わせフォーム

お初になります!!

  • 2017.12.31
  • オリーブ通信

オリーブ通信 創刊号

みなさん!はじめまして、こんにちは、こんばんは。

オリーブ通信編集者のYMPS=ヤマピスです!

さてさて、記念すべき創刊号となる今回ですが、ちょっと硬めにおせち料理について軽くお話できたらなあ・・と思います!

まず、由来はざっくり説明しますと、元旦や五節句などの節日に神様お供えし、食べたものを「御節供(おせちく)」と呼び、江戸時代にこの行事が庶民に広まり一年の節目のお正月に振舞われる料理が「おせち料理」と呼ばれるようになったそうです。

おせち料理は、「めでたさを重ねる」という意味で重箱に詰められ、基本は四段重ねです。
各段ごとに「これを詰める」という地方やしきたりによって様々ではありますがルールがあるので代表的なつめかたをここでは紹介させてもらいます。

「一の重」祝い肴と口取り(酒の肴になる甘めの料理)。

「二の重」縁起のいい海の幸を中心とした焼き物。

「三の重」山の幸を中心に、家族が仲良く結ばれるように煮しめ。

「与の重」日持ちする酢の物など。

まあ、最近では三重が多いですけどね(笑)

みなさん、ここまで閲覧いただきありがとうございます。
今回は創刊号ということもあり少しお堅い感じになってしまいましたが、次号からはもっとラフな感じに行きたいとおもいますのでどうぞよろしくお願いします。