給食事業
給食事業
その他の事業
事業所一覧

ECサイトからご購入いただけます。 かがわのど真ん中 SHOPはこちらから

お弁当システム

香川 の社長.tv

殺菌水システム ハセッパーとは

ハセッパーはテクノマックスLLCの薬品・化学品分類の商標です。
HACCPPERは (株)テクノマックスの装置・機器分類の商標です。

人体の殺菌システムを再現し、安全な殺菌を実現しました

人体にとって、一番安全な殺菌方法はどんなものでしょう。

それは人体が行っている殺菌システムを再現することです。人体そのものが行っている細菌撃退法以上に万能でかつ人体に安全な殺菌方法はありません。
人体は(健康を害するなどして人体機能が損なわれている場合を除き)体内に進入したどんな細菌に対しても、即座にこれを撃退します。これによって人体を害することはありません。
人体に細菌が進入した時、即座に細菌に集まり、貪食殺菌するのが「好中球」です。

「好中球」は、細菌などの進入時、酸素代謝を活発に行い活性酸素を作り出します。

この活性酸素をもとにして過酸化水素を合成し、さらに酵素の働きを受けて「次亜塩素酸(HOCl)」を作り、この「次亜塩素酸」で細菌の膜を攻撃し死滅させて、細菌が体内に侵入するのを防いでいます。

この「次亜塩素酸(HOCl)」を大量に含む殺菌水を、科学的に合成し、安定的に大量生成できる装置が「ハセッパーシステム」です。
その装置から作られる殺菌水を「ハセッパー水」と呼びます。

ハセッパーシステムとは

大量の水に、食品添加物の「次亜塩素酸ソーダ」と「8.5%希塩酸」を希釈混合することにより、ハセッパー水を生成する装置です。

「次亜塩素酸(HOCl)」の含有量が多ければ多いほど殺菌力は増します。次亜塩素酸ソーダを使うという点では目新しいことではありませんが、ハセッパー水は、次亜塩素酸ソーダのpHを調整することによって、次亜塩素酸ソーダに含有されている「次亜塩素酸(HOCl)」を大量に生成して、それを使うという点で格段の違いがあります。

ハセッパーでは、濃度8.5%という低濃度の希塩酸を、極微量に次亜塩素酸ソーダに混合しpH6.0~7.3にすることにより、有効殺菌成分である次亜塩素(HOCl)を大量に含んだ水を生成するようにしています。

ハセッパーは株式会社テクノマックスの登録商標です。

このようにして生成したハセッパー水は、原液である次亜塩素酸ソーダの約8倍の殺菌力があります。

※8.5%希塩酸はアルカリの中和剤として認められている食品添加物です。
※次亜塩素酸ソーダは、食品衛生、環境衛生などさまざまな場面で殺菌剤として広く使われていますが、食品など人体に直接影響する場合は、濃度12%の原液を200ppmに薄めて使用するように、との指導が厚生労働省よりなされています。

pHを正確にコントロール

pHを正確にコントロールする技術がなくては、ハセッパー水は実用化しません。

次亜塩素酸ソーダは、200ppmに薄めると、pHは8.2~8.8位のアルカリ性になります。このpHの範囲ですと、有効殺菌成分の次亜塩素酸(HOCl)の存在比は10数%しかありません。これを、pH7.0以下の弱酸性にすると、存在比は70~100%へと飛躍的に高まり、殺菌力が強化されます。

pH8.2~8.8の次亜塩素酸ソーダでも、水で薄めてpH7に近づけることはできます。(水は通常pH7ですから、大量に水を加えれば限りなく水と同じpHに近づきます)しかし、このやり方は、濃度が薄くなりすぎて殺菌力が弱くなり、実用には向きません。pHを低く(即ち酸性度を高く)しすぎると、有害な塩素ガス(Cl2)が発生しやすくなります。次亜塩素ソーダが安定し、効果の高いpH範囲内に自動的に制御する事は難しいと考えられ、実用化は難しくて出来ないとされてきました。

ハセッパーでは

通常はpH5以上の塩素ガスが発生しない弱酸性の状態でご使用頂くことにしています。
滴定量の少しのズレで、すぐにpH3以下~pH8以上になってしまう事や、pH4.5以下になると塩素ガスが発生する危険があることから、人為的に混合していく事は非常に難しく危険性が伴いますが、これらを自動化し、正確にコントロールする技術を確立し、実用化に成功しました。